ホーム > CSR > 障がい者雇用

障がい者雇用

障がい者雇用の取り組み

現在、一般民間企業の障がい者雇用率は2.0%と法律で定められています。

当社では、企業の社会的責任として障がい者雇用率を遵守するとともに、地域社会への貢献として障がい者雇用を推進しており、会社設立当時より知的障害を含む障がい者の方々を雇用しております。
当社で働く障がい者の方々は、主に商品化包装工程でご活躍いただいています。

2012年には近隣の現特別支援学校からの実習生の受け入れを開始。現場作業実習を行っていただき、就職希望者と仕事のマッチングを図っています。
採用にあたっては障がい者の方が不利にならないよう、学校やハローワーク(職業安定所)と連携をとりながらすすめています。

CSR
障がい者雇用

ページの上部へ戻る